一般埼玉県環境検査研究協会
新着情報
出版・刊行物
行政協力
用語集
環境関連の法令改正情報
書式集
採用情報
エコアクション21地域事務局さいたま
法定検査 調査研究

■イベント

 当協会では、環境啓発事業として児童の環境に対する関心を広めるため当協会の中庭で実施する
「環境わくわく体験」など、地域に密着した活動に取り組んでいます。

 「環境わくわく体験」イベント
2007年】【2008年】【2009年】【2010年】【2011年
2012年】【2013年】【2014年】【2015年】【2016年
2017年11月14日(火) 
県民の日協賛・さいたま市教育委員会後援
 「環境わくわく体験」開催

 当協会におきましては、11月14日の埼玉県民の日に協賛団体として参加します。昨年度に引き続き身近な環境問題をテーマとした小学生向けの体験型イベント「環境わくわく体験」を実施します。

開催日時: 2017年11月14日(火)埼玉県民の日
 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
開催場所: 一般社団法人 埼玉県環境検査研究協会
さいたま市大宮区上小町1450番地11
開催内容: ・「水の汚れを調べてみよう!」
・「環境クイズ!」
・「音をはかってみよう!」
・「空きビンでスノードームを作ろう!(100名限定)」
・その他(お楽しみお土産、当協会案内や活動内容、出版物等の展示など)


イベント案内パンフレット(PDFファイル)



■お問い合わせ
電話またはメール news@saitama-kankyo.or.jpにてお問い合わせください。

総務課 電話:048-649-6264


■セミナー
 当協会では環境啓発事業の一環として、環境問題の現況と将来を展望するセミナーを開催しております。

主催 一般社団法人 埼玉県環境検査研究協会
  一般社団法人 埼玉県浄化槽協会
     
後援 埼玉県、さいたま市、
埼玉県合併処理浄化槽普及促進協議会(予定)
開催日時: 2018年9月7日(金) 13:30〜16:20(受付開始13:00〜)
開催場所: さいたま市民会館おおみや 小ホール
(埼玉県さいたま市大宮区下町3−47−8)
大宮駅東口徒歩15分程度
概   要:
 環境問題の現況と将来を展望するセミナーは、県内の行政担当者、事業者、市民に向け環境課題に対する問題意識を喚起し、各々の効果的な取り組みを継続することを目的として毎年開催しています。

 本年は一般社団法人埼玉県浄化槽協会との共催により、第1部の基調講演では、「浄化槽による清流の街づくり」について、第2部では、「水環境新時代を切り開く浄化槽対策の方向」をテーマにパネルディスカッションを行います。

 ・第17回環境問題の現況と将来を展望するセミナー(PDFファイル)

■基調講演 13:40〜14:50 
浄化槽による清流の街づくり
講師: 京都府綾部市 前市長  四方 八洲男 氏

■パネルディスカッション 15:00〜16:20
水環境新時代を切り開く浄化槽対策の方向
    コーディネータ   
      元埼玉大学教授 河村 清史 氏
    パネリスト   
      ・県行政  
      埼玉県 環境部 水環境課
浄化槽・川の国応援団担当 主幹
石曽根 祥子 氏
         
      ・清掃事業者   
      埼玉県一般廃棄物連合会
副理事長
西野 日出夫 氏
         
      ・保守点検事業者  
      埼玉県生活環境保全協同組合
副理事長
武井 晶裕 氏
         
      ・推進事業者  
      嵐山町浄化槽PFI事業(株)
代表取締役
小田 正 氏
         
      ・指定検査機関  
      (一社)埼玉県環境検査研究協会
常務理事
浅川 進
         
参加費用: 無料(事前のお申込みが必要です)
申   込:
申込書にご記入の上、FAXまたは郵送にてお申し込みください。

・第17回環境問題の現況と将来を展望するセミナー(PDFファイル)


下記、申込フォームからもお申し込み出来ます。




■過去の開催について
開催日 内容 案内文
 第01回

 2002年11月29日
■セミナー
・「自治体におけるISO環境マネジメントシステムの今・・・」
・「環境行政における先進事例」
  −水俣市の地元主義による循環型地域社会づくり−

■基調講演
 「21世紀の環境を担う市町村行政への期待」
第01回PDF
 第02回

 2003年10月17日
■基調講演
−キラリと光る事例をピックアップ−
全国47都道府県を単位に先進的な取組をピックアップし、事例を中心の講演

■パネルディスカッション
 「環境への挑戦によるそれぞれの活性化」
第02回PDF
 第03回

 2004年10月15日
■基調講演
 「環境保全活動を推進するためのパートナーシップへ向けて」

■パネルディスカッション
 「環境保全活動の協働に向けて」
第03回PDF
 第04回

 2005年10月18日 
テーマ「脱温暖化社会の構築に向けて」

■対談
 「脱温暖化社会と水環境」

■事例紹介
・「県庁の省エネルギー・省コスト」
・「大正製薬の脱温暖化対策」
・「市民から始める地球温暖化対策〜エコライフDAY〜」
第04回PDF
 第05回

 2006年10月18日
テーマ「トータルとしての地域環境力を考える」

■講演
 「地域の環境力 〜温暖化時代を生きるために〜」

■事例紹介
・「パートナーシップで進める環境クリーンなまちづくり」
・「CSRの視点からの環境対策」
・「農山村と都市をつなぐ むさしの里山づくり」
・「共に生きたい身近な自然、そしてエコライフ」

■パネルディスカッション
第05回PDF
 第06回

 2007年10月02日
テーマ「環境経営にかかる認証・登録制度の課題」

■講演
 「環境省における環境経営システム認証・登録に対する考え方や支援手法等について」

■パネルディスカッション
 現在の日本の環境マネジメントシステムにかかる認証・登録制度への評価、今後期待される方向性など
 サブテーマ「コスト削減・エコアップ ウィンウィン作戦」
第06回PDF
 第07回

 2008年10月17日
テーマ「参加者全員で考える公開討論 〜地球温暖化は今!」

■講演
 「地球温暖化にかかる最新情報と対策として具体的に取り組むべきこと」

■パネルディスカッション
 「岐路にたつ地球 私たちは未来を守れるか」
第07回PDF
 第08回

 2009年10月14日
テーマ「100年に1回の新産業革命がやってきた!」

■講演
第1部:「グリーン・ニューディール政策は700兆円の巨大市場創出」
第2部:「環境エネルギー産業は参入チャンスが大」
第08回PDF
 第09回

 2010年10月14日
テーマ「今こそ!新しい地球環境創造の道程」

■講演
第1部:「低炭素社会の構築に向けた埼玉の挑戦」
第2部:「森を守って地球温暖化を防ぐ市民ファイナンスの方法」
第09回PDF
 第10回

 2011年10月21日
テーマ「未曾有の災害 〜3.11東日本大震災〜
                  今、私たちが直面する環境課題」

■講演
第1部:「温暖化対策と福島の除染」
第2部:フリーディスカッション
第10回PDF
 第11回

 2012年9月27日
テーマ「アジアの環境汚染はいま・・・
           〜環境対策の現状と環境ビジネスの実際〜」

■講演
第1部:「アジアの環境対策の現状と
           「日本モデル環境対策技術等の国際展開」事業」
第2部:「躍進するアジア環境ビジネスへの挑戦!」
第11回PDF
 第12回

 2013年9月3日
テーマ「環境問題の現況と将来を展望するセミナー」

■講演
第1部:「懸命に生きる人々〜日本人こそ学んで欲しい〜」
第2部:「アジアの中の日本とごみ処理技術」
第12回PDF
  第13回

 2014年9月5日
テーマ「環境問題の現況と将来を展望するセミナー」

■講演
第1部:「北欧デンマークの持続可能な国づくりに学ぶ」
第2部:「本田技研工業株式会社 埼玉製作所
                     寄居工場の環境取り組み」
 第13回PDF
  第14回

 2015年9月4日
テーマ「環境問題の現況と将来を展望するセミナー」

■講演
第1部:「いったいなぜ?イマドキの野生生物」
第2部:「多くの自然体験で子供たちの感性を育てる」
 第14回PDF
  第15回

 2016年9月2日
テーマ「環境問題の現況と将来を展望するセミナー」

■講演
第1部:「気候変動がもたらす気象変化」
第2部:「野鳥から学ぶ持続可能な未来」
 第15回PDF 
  第16回

 2017年9月1日
テーマ「環境問題の現況と将来を展望するセミナー」

■基調講演
 「環境に良いことを見分ける力を養う!
  〜ライフサイクルアセスメントとグリーン購入の基本〜」

■事例報告
 (1)第20回環境コミュニケーション大賞受賞 「来ハトメ工業株式
    会社」の環境に関する取り組みと環境報告書
 (2)グリーン購入ネットワークの紹介
 第16回PDF  
■お問い合わせ
電話またはメール news@saitama-kankyo.or.jpにてお問い合わせください。

総務課 電話:048-649-6264

Copyright(c)2001-2013 SAITAMA-KEN ENVIRONMENTAL ANALYSIS & RESEARCH ASSOCIATION